吐き気も症状の1つ、初期の高血圧にノルバスク

最近原因不明の吐き気や頭痛に襲われるなどのお悩みは、ただの不調ではないという場合も多いと言います。特に吐き気は二日酔いでもなりますし、胃の不調でもなりやすい症状のため比較的軽視されがちです。しかしこの吐き気という症状は初期の高血圧の場合でも引き起こされることがあると言いますから注意が必要です。そもそも高血圧とは通常値の血圧が平均値よりも高い数値を示す状態を意味します。現在国内では高血圧の患者数は数千万人にも及ぶとされ、代表的な生活習慣病の1つとして知られています。また高血圧は動脈硬化や脳出血など他の重篤な疾患のリスクを高める原因にも成りえるとされています。高血圧は一般的には自覚症状の少ない疾患だとされていますが、まれに吐き気やめまい・頭痛などの不調を伴うことがあるようです。その理由は高血圧により脳内の血流に異変が起きて脳の内圧が高くなります。すると脳内の嘔吐中枢神経に刺激を与えてしまうことで、吐き気やめまいなどの症状を引き起こすいうのが有力な説とされています。ノルバスクは有効成分にアムロジピンを配合している高血圧の治療薬です。現在の高血圧の治療に際しては第一に処方を選択される安定性や知名度の高い薬剤です。ノルバスクには心臓や体内の血管を拡張して血流を促す作用があります。有効成分であるアムロジピンの作用で体内のカルシウムの働きを抑制するのがそのメカニズムです。ノルバスクは体内でカルシウムが細胞に侵入しないように遮断することで、血管を広がりやすくして交感神経の興奮を鎮めて血圧を下げる効能があります。またノルバスクは数あるカルシウム統括剤の中でも、非常に副作用が少なく安全性や持続性の面でも優れることから長年にわたり医療現場で支持をされています。

ページトップへ