ミカルディスの作用をまとめてみました

ミカルディス錠は高血圧症の方に用いられるお薬です。
主成分はテルミサルタンです。血圧は、アンジオテンシンIIという体内物質によって上がるのですが、ミカルディスはアンジオテンシン受容体に作用します。それによりアンジオテンシンIIを抑えてくれるのです。そうすると血管が広がります。水分や電解質も調整され、その結果降圧につながるのです。
血圧上昇のメカニズムをRAA系と言います。RAA系とはレニン-アンジオテンシン・アルドステロン系の略です。腎臓の輸入細動脈の壁にある傍糸球体細胞からレニンが分泌。血液中のアンジオテンシノーゲンからアンジオテンシンⅠという物質が作られます。それが、アンジオテンシン変換酵素によってⅡに変換されるのです。アンジオテンシンIIは全身の動脈を収縮させる作用があります。副腎皮質からアルドステロンを分泌させる作用もあります。アルドステロンはNaを体内に溜める働きを持つため循環血液量が増加し、心拍出量・末梢血管拮抗も増加するのです。アンジオテンシンIIの分泌を抑えるのが血糖値改善につながるにはこのような仕組みが関係しているのです。
血圧が下がることで心臓の負担が軽くなります。レニン分泌など血圧上昇は腎臓にも関係しますから、ミカルディスを摂取することで臓器保護にもつながります。そのため、心臓病や腎臓病にも有効とされます。心不全・腎硬化症・糖尿病性腎症といった重い病気を防ぐためにもミカルディスを利用して降圧に努めましょう。
ちなみに、低血圧やめまい・ふらつき・発疹・かゆみ・頭痛といった副作用の報告もありますし、アナフィラキシーや腎機能障害・ショック・湿疹などの大きな症状も報告されているため、医師の指示の元、用法用量を守って服用するようにしましょう。誤って大量摂取した場合、血圧が下がってふらつくこともあります。
ミカルディスには降圧や臓器保護だけでなく血糖値改善作用もあると言われています。PPARγ活性化作用も持つのです。PPARγ活性化作用については2009年、オーストリア・ウィーンで開催された第45回欧州糖尿病学会にて、産業医科大学第一内科の森博子氏が研究発表したのです。
森氏は、高血圧を合併する2型糖尿病患者でミカルディス以外の薬を処方されている患者にあえてミカルディスに切り替えるという実験・また、ミカルディス40mgを処方されている患者に80mgに変える・あるいはミカルディス40mgにアムロジピン5mgを加えたものを処方するようにするという実験を行ってみました。
その結果、ミカルディス以外の薬を使用していた患者にミカルディスを処方したところ、収縮期や拡張期血圧は有意に減少したものの、HbA1cと空腹時血糖値に有意な変化は見られませんでした。とはいえ、空腹時インスリン値やHOMA-Rは減少傾向が見られましたし、ベースラインはインスリンの減少があったのです。中性脂肪やHDLコレステロールも有意に改善しています。
一方、もともとミカルディスを処方されていた患者にその倍の量を投与したり、ミカルディスの量はそのままにアムロジピン5mgも加えるようにしたところ、倍量にした患者は空腹時血糖も空腹時インスリンもHOMA-Rも有意に減少したのに量そのままの患者はこれらの数値に有意な変化は見られなかったのです。ちなみに、HOMA-Rの変化は特に顕著でした。ミカルディス80mgだとHDLコレステロールや血中アディポネクチンの有意な増加も見られました。
こうした実験を繰り返す中で、ミカルディスにはPPARyを刺激して糖代謝や脂質プロファイルの改善も行うということがわかったのです。高血圧だけでなく糖代謝・脂質改善にも期待が持てる薬というわけです。

ページトップへ