ノルバスクが処方される症状

高血圧症に関しては、健康診断で指摘されて初めて気がついたという人がほとんどではないでしょうか。
それほど、自覚症状のないのも高血圧症の大きな特徴です。
ただ、放置しておくと、一命を失いかねない事態に陥る危険性がありますので、早期の治療が必要です。
世界的に知られている高血圧症の治療薬に、ノルバスクがあります。
ファイザー社が提供しているもので、日本では、1993年から病院での処方を始めています。
第三世代カルシウム拮抗薬に分類されている医薬品です。
ノルバスクは血管を広げて血流を良くすることで血圧を下げる作用をもたらします。
また、効果の点もさることながら、副作用の少ない薬としても評価がなされています。
頭痛や動悸などの副作用のおそれがあまりありませんので、安心して服用できます。
また、ノルバスクは半減期の長いことでも知られており、36時間と言われています。
言いかえれば、ゆっくりと効果を発揮し始め、その効果が長く持続するという利点があります。
ですから、1日1回1錠の服用で対応できますので、使い勝手が非常にいい薬であると言えます。
ノルバスクは高血圧症や狭心症、心筋梗塞に効果を発揮する医薬品です。
ノルバスクの主たる効果としては、冠動脈の内側を拡げ心筋の緊張を和らげる、心筋や冠動脈の収縮を抑える、冠動脈や腎臓を流れる血液の量を増やす、交感神経の興奮を抑えて血圧を下げる、などといったものがあります。
とりわけ高血圧症に対してはめざましい効果をもたらしているのがノルバスクです。
現在では、医療機関で高血圧症患者に第一選択薬として処方されるまでになっているのです。
ノルバスクは大変に秀逸な薬ですので、今では、ネットの通販サイトや個人輸入でも購入することができます。
もちろん、個人で服用する前提であれば、法律上の問題は全くありません。

ページトップへ