ノルバスクの具体的な効果

1993年に発売された降圧剤のノルバスクは、高血圧症の治療薬としては、非常に高い信頼と知名度を得ています。
血管を広げて血の流れを良くすることで血圧を下げるというノルバスクの働きは、現実に降圧の実績を多くあげています。
また、心臓の収縮を抑える作用もいたしますので、狭心症の治療にも使われることがあります。
適切に血圧の数値を維持することで、脳卒中や心臓病、腎臓病などの発生を防ぐことにもつながるのです。
また、半減期が36時間と大変に長いですので、1日に1回飲むだけで大丈夫ですから、患者の服用管理もやりやすいのです。
ノルバスクを飲んでも、血糖や尿酸などへの影響がない点も、高く評価されている点です。
また、年齢にかかわらず服用ができますので、とりわけ、高齢者への処方も頻繁になされています。
特筆すべきは、長期臨床試験を行った結果、予後改善効果、つまり、長生き効果も認められていることがあります。
さらに、懸念すべき副作用がほとんどなく、安心して飲み続けることができますので、医療現場としては、いまでは、最初に処方する治療薬としてノルバスクが位置づけられているほどです。
強いて、ノルバスク服用に際しての注意点を言えば、グレープフルーツジュースと一緒に飲むことは避けなければなりません。
同時に服用することによって、ノルバスクの血中濃度がにわかに上がってしまい、効き過ぎる恐れがあるからです。
このように、ノルバスクは秀逸な高血圧症治療薬ですので、医療の現場では積極的に使用されており、また、多数の製薬会社がジェネリックを発売しています。
また、ノルバスクは病院で医師に処方してもらうか、あるいは、ネットの通販サイトで購入することも可能です。

■高血圧の人はむくみやすいのでしょうか?むくみについて詳しくはこちら
むくみ(浮腫)やすい時間ってあるの?

ページトップへ